ヤフーにも出店しているハンコヤドットコム

購入すると長年使うことになる品物として、印鑑があります。

この印鑑は自分の分身と言われているため、購入する際はどうしても慎重になってしまいます。
業界最大手のハンコヤドットコムでの購入を検討されていらっしゃる方も増えていると想定されますが、返品や交換などについて疑問を抱く場合もあるでしょう。

ハンコヤドットコムの場合、不良品や彫刻間違いや商品の欠陥といったケースに限り、返品や交換などに対応してもらえます。

印鑑が突発的に必要となったときには、当日の昼の12時までに注文することにより、最短即日出荷サービスをプラス54円で受けられます。


領収書の発行については、ハンコヤドットコムから商品出荷後に届くメールに記載されているURLから領収書を印刷することが可能です。
自分の中にデザインイメージがあり、購入する前にしっかりとチェックしたい場合には、注文時にデザイン校正確認を選択することがおすすめです。

デザイン校正確認を選択することによって、事前にメールまたはファックスによるデザインの確認が可能となります。
保証に関しては、10年保証というものがあります。
購入日より10年以内であれば、無料で彫り直してもらえるメリットを享受できます。

ハンコヤドットコムは信頼性の高いヤフーにも出店しています。
世界的に広く認知されているヤフーであるため、安心して利用することができると評価されている特色があります。

ただし、ヤフーで購入する際のデメリットとして公式サイトでは可能である実行項目のうち不可能となる項目がありますので、ヤフーを利用する前に公式サイトとの比較を済ませておくことが大切です。

具体的な例を挙げると、アタリの追加は公式サイトで可であり、ヤフーでは不可となっています。

ハンコヤドットコムは楽天にも出店していますがサービスに少し違いがあります

印鑑と言えば古くから日本では使われていますが、世界的に見ると日本以外にはあまりないそうです。

ですが日本では様々な所で印鑑が必要になるのは皆さんご存知の通りです。
認め印等は宅配便の受取にも使いますし、郵便の受取りでもそうです。
実印ともなれば行政機関で登録が受理されたものですし、印鑑証明として使えるものなので、どこか重みがあります。
後、銀行印や訂正印を作っている人も居られると思います。

さて、一般的に印鑑はどういった所で入手するかというと、認め印等に使える浸透印(スタンプ式のもの)だと文具店や事務用品店等で選べますし、もちろん印鑑屋でもあります。手頃な価格ですし、インキを補充すれば長年の使用が可能です。

実印のような、何度見ても複雑に感じて、どういった名前が押してあるのかわからない書体のものの場合は、街の印鑑屋になりますが、最近ではインターネット上のウェブサイトでも、浸透印から銀行印や実印に使えるものまで作ってくれる所があります。

例えば、ハンコヤドットコムという印鑑を作っている会社があります。

そこがインターネット通販大手の楽天市場にも出店しているのです。
個人用のものはもちろん、法人向けの印鑑も作ってくれます。

材質は木材やそれに樹脂を混ぜて固めたもの、琥珀、水牛の角以外に金属のチタンもあります。

印鑑単品でも購入出来ますし、朱肉の内蔵されたケースも一緒に求めることも出来ます。


ところでハンコヤドットコムではその公式サイトでも同じように購入することが出来ますが、出荷の早さやデザインの確認方法等のサービスに違いがあります。

すぐにでも必要な場合は公式サイトを利用した方が早くていい、といったこともありますので、その辺りはよく確認しておくとよいでしょう。

一方の楽天だと保有しているポイントが使えますし、購入後にはポイントが付加されます。特に急ぐ必要が無ければ利用しやすい方でかまわないでしょう。

なお、ハンコヤドットコムの楽天支店についてはこちらにまとめられています。

ハンコヤドットコムの楽天支店のまとめ