【個人の実印】ハンコヤドットコムで一生モノのハンコを選んでみては?

個人が社会生活を行っていく上で、大事なタイミングで登場するのが「印鑑・ハンコ(判子)」です。

これらは、銀行口座を開設する時や、何かしらの大事な契約をする際に契約書に捺印したりします。
また、認め印やシャチハタ等は、それらと比べるとはるかに簡易なものであり、配達される荷物の受け取りなどで使用したりします。


法人においては、もっと沢山の種類の印鑑が存在しています。
個人の認め印にあたるような存在である角印、実印の代表取締役印、銀行印、それからゴム印やデータ印などがあります。

会社であれば、それぞれの用途によってしっかり使い分けており、押印してもらうためには適切な稟議フローを経て、ようやく押してもらうことができるという管理体制ぶりです。

まだ学生のような若い人が、全ての用途のハンコを1つにしているのは、それほど違和感はありません。
しかし、社会人生活が長いと思われる方が、銀行印に100円ショップで買ったような代物を使用しているのであれば、少し残念が気がします。

ハンコの材質には様々な物があり、一昔前において高品質で人気があったのが象牙のハンコでした。
使えば使うほど馴染み、味が出てくるという一生モノの高品質っぷりでしたが、残念ながら国際的な情勢・法律により、現在では取り扱うことが出来なくなっています。

しかし、それでもチタンや牛角、琥珀・白檀など、高品質の材料は数多く揃っています。

ハンコヤドットコムは日本一のハンコ(判子)通信販売サイトといっていいインターネットサイトであり、その情報量や品揃えは圧巻です。

※圧巻のハンコヤドットコムの詳細情報

ハンコそのものもそうですが、ハンコ関連の代物も何でも手に入ります。
おまけに、材質を選び、書体を選択し、サイズも決めることができるという優れたサイトです。

個人が社会で生活していく上で重要な存在である「実印」は、一生モノの印鑑を選ぶつもりで、ハンコヤドットコムを訪問することをおすすめします。
きっと「良い印鑑」に出会えるでしょう。